レクソーナ
夢を実現するために日々奮闘中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 花梨 karin
 
[スポンサー広告
映画与える影響
TEDにてコリン・ストークスの「映画が男の子たちに教えること」について観ました。
http://on.ted.com/ColinStokes

昔、オズの魔法使いという映画がありました。そこでは女の子がリーダーとなり、たくさんの人たちを仲間にしました。その40年後、スターウォーズでは男の子が戦い、姫はただその活躍を待つのみになりました。
そして、現在多くの映画が、男が一人で悪を倒すという物語ばかりになっています。
漫画家が生み出した映画の評価テストでこんなものがあります。
1、その物語では女性は2人以上出てくるか
2、その2人は会話をするか
3、その内容は男の子についての会話ではないか(笑)
これをパスする映画は少ないのです。
ですのでストークスは、男性が1人で戦いにいくような物語ではなく、女性が指揮をするような、女性とチームを組んで戦うようなそんな物語を男の子たちに勧めてほしいと話しました。

その話を聞いて、映画で女性と協力して立ち向かっていくという内容は多くないように感じます。もちろん、名作と呼ばれる中でいくつかはありますが圧倒的に男性が主体の映画多いのはうなずけます。

映画の影響がどれだけ自分たちの生活の中であるかは分かりませんが、もし、男の子たちが「一人で戦う」物語ばかり観ていたら、実際の夫婦生活はどうなるでしょうか。

わたしたちの生活はどっちか一人だけが頑張る物語にはなっていません。

映画ではアクションで戦うことがもてはやされるかもしれませんが、けど実際は女性の方が暴力ではない方法で物事を解決する方法を知っているかもしれません。お母さんが優しく叱ってくれるように。

男性も女性も役割や違いはあっても、その関係は対等であり、パートナーであり、計り知れない力を一人一人が持っているはずです。

花梨

スポンサーサイト
Posted by 花梨 karin
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kariny1218.blog38.fc2.com/tb.php/502-31fa5e35
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。