レクソーナ
夢を実現するために日々奮闘中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 花梨 karin
 
[スポンサー広告
DVD「塔の上のラプンツェル」
よし!今度は自分の言葉でレビューを書くぞ!

imagesrp.jpg

現代版お姫さまって感じだった!
なんか、振る舞いとか言葉遣いとか現代っぽい。そして、相手も、チャラい感じで、今までに無い感じだったなあ。
ちょっと、無理して恋愛を取り入れたって感じ。そこまで、恋愛意識しなくて、ラプンツェルの生涯とかもっと話入れても良かったんじゃないかなーと思った。あまり心に深く残るストーリーでは無かった。

意外に、アクションのシーンが楽しめた。髪の毛を使って戦うお姫様ってすごいなあ。

あと、少し心に残っているのは、役18年間ずっとラプンツェルを育てた老婆。
育ての親なのに、最後すんなりした終わり方。敵役だけれど、老婆にとってもラプンツェルにとっても、親子の関係だったはず。それなのに、ラプンツェルは18年間全然会っていなかった実の両親と幸せに暮らした…。
うーん、これは、真実の愛がどっちにあるのかってことなのかなあ。
あんまり納得いってません。
養子縁組の話になってくるからややこしい。

すごく安定して観ることができた映画でした。

ラプンツェルの三つ編みがかわいかったー!
スポンサーサイト
Posted by 花梨 karin
comment:0   trackback:0
[作品レビュー/紹介
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kariny1218.blog38.fc2.com/tb.php/428-e6df32b2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。